肘の内側が痛むタイプの野球肘:肘内側々副靭帯性裂離骨折、内側上顆骨端症

よくある症状・疾患一覧へもどる >

肘内側々副靭帯性裂離骨折(ひじないそくそくふくじんたいせいれつりこっせつ)、内側上顆骨端症(ないそくじょうかこったんしょう)

■どのような障害か

ボールを投げたときやその後に、肘の内側にズキズキとした痛みがあります。肘の内側を指で押したり、肘を反らせたりしても痛みを感じます。肘の曲りや伸びも悪くなる場合がありますが、その程度は軽く、両腕の動きを比べて初めてわかるくらいです。
小中学生の野球少年(特に投手)で、このような肘の痛みの原因となる主なものに、肘内側々副靭帯性裂離骨折と内側上顆骨端症というふたつの障害があります。

■なぜ起こるのか
naisoku1
naisoku2

原因はボールの投げすぎにより、肘の内側に負担がかかり続けるからです。
肘の骨のX線写真を見てみると、内側に内側上顆と呼ばれる大きな突起があり、この突起に内側々副靭帯という靭帯が付着しています。小学生の肘には、内側上顆のさらに内側に骨端線(こったんせん)と呼ばれる成長を司る軟骨の層があります。
投球動作で腕を挙げてから力を入れるとき、指を曲げる筋肉の延長にある内側々副靭帯により内側上顆が強く引っ張られます。投げる動作を繰り返すことによって、内側上顆の靭帯付着部が剥がれてしまうことがあります(→肘内側々副靭帯性裂離骨折)。
時には靭帯の付着部ではなく、骨端線を傷つけ、炎症を起こしてしまう場合もあります(→内側上顆骨端症)。 内側上顆骨端症は小学生によく起こるので「リトルリーグ肘」とも呼ばれます。
これらの内側が痛む野球肘は、エースとして激しい投球練習をした、変化球を多く投げた、野手から投手になった、軟式野球から硬式野球に変わったという場合によく起こります。

■どうしたら治るのか

痛みが強い場合は投球を休止し、肘周囲の筋肉を柔らかくするようなストレッチを積極的に行います。痛みが弱くなったら、医師の指示を受けて投球を徐々に始め、腕の筋力トレーニングも同時に行います。
肘に負担がかかり易い投げ方(例:投球時に肘の位置が低い、体が早く開くなど)をしていないかフォームのチェックをします。
少々時間はかかりますが、多くはこのようなリハビリテーションでよくなります。