手首の親指側が痛む:ドケルバン病

よくある症状・疾患一覧へもどる >

ドケルバン病(ドゥ・ケルバン氏病)

kerubann
■どのような障害か

ドケルバン病とは手首の親指側で起こる腱鞘炎(けんしょうえん)の一つです。親指や手首を動かした時の痛み・親指側での腫れや押したときの痛みが主症状で、特に親指を内側に入れて握りこぶしを作り、手首を小指側に曲げたときに特に痛みが強く誘発されるのが特徴です。

■なぜ起こるのか

手首の親指側には親指を伸ばす筋肉である短拇指伸筋(たんぼししんきん)と親指を外に広げる筋肉である長拇指外転筋(ちょうぼしがいてんきん)とよばれる 筋肉の腱があり、これらは筒状の形をした腱鞘の中を通ります。この腱を過剰に使用することで腱鞘が肥厚し、腱のすべりがスムーズに行われなくなります。結 果、炎症が起きて痛みや腫れが生じます。また、ホルモンバランスも関係しているといわれていますが、はっきりしたことはわかってはいません。

例えば…
・パソコンのキーボードを長時間使う方
・スポーツなどで手を使う方
・妊娠中の方や更年期の女性    などに生じやすいと言われています。

■どうしたら治るのか

まずは親指を極力使わないように安静をとることが大切です。テーピングや装具などで固定することもあります。痛みが強い場合には、ステロイド剤を注射しま す。またリハビリテーションでは痛みのない範囲で親指を動かしていき関節が硬くなること・腱鞘が癒着することを防ぎます。症状がひどく、よくならない場合 は腱鞘を切って広げる手術をすることがあります。