膝のお皿が外れそうになる:膝蓋骨脱臼・亜脱臼

よくある症状・疾患一覧へもどる >

膝蓋骨脱臼・亜脱臼(しつがいこつだっきゅう・あだっきゅう)

■ どのような障害か

膝蓋骨脱臼とは膝にあるお皿 の骨(膝蓋骨)が外れることをいい、亜脱臼とはお皿が外れそうになる状態をいいます。脱臼すると膝が腫れて強い痛みを感じます。亜脱臼は歩くと膝の内側が 痛くなる、膝がぬけるような不安感、ガクッとなる(膝くずれ)などの症状がありますが、ほとんど無症状のことが多いです。特に10代の女性に多くみられま す。
patera1

 

patera2

■ なぜ起こるのか

脱臼は反復性脱臼と習慣性脱臼と大きく二つに分けられます。反復性脱臼とは、初めての脱 臼が明らかに外傷によるもので、 再び同じような外傷が起こることによって脱臼を繰り返すことを いいます。習慣性脱臼とは、非外傷性の場合で、膝を伸ば した 状態から曲げると常に皿が脱臼することをいいます。
ジャンプの着地時やダッシュからの急停止、踏ん張る動作を した時に特に生じやすく、サッカーなどのコンタクトスポーツ中に起こる衝突やランニング中の転倒によるものが原因となります。

■ どうしたら治るのか

初 めての脱臼で膝蓋骨がはずれている状態の時は、正常の位置に整復し、その後CTで骨折や骨片があるかの確認をします。膝が腫れている時には膝の圧迫や冷却 が必要です。予防のためにサポーターなどを用いてお皿が外側に移動しないようにします。再発防止のため膝の周囲の筋肉強化を主体としたリハビリをすること も重要です。
脱臼を繰り返してしまう時には、手術治療が必要となることもあります。手術後はリハビリで徐々に膝の周囲の 筋力強化や可動域を広げる訓練をし、約半年でスポーツ動作を取り入れたリハビリをしていきます。