すねの内側が痛む:シンスプリント

よくある症状・疾患一覧へもどる >

シンスプリント

■どのような障害か

シンスプリントは過労性脛骨骨膜炎(かろうせいけいこつこつまくえん)とも 呼ばれます。脛骨(すねの骨)の下1/3に痛みが生じることが特徴です。この痛みはある1点に集中する痛みとは違って、筋肉が骨に付着するラインに沿って 起こります。始めは運動開始時の不快感から始まり、ひどくなると朝ベッドから起き上がるときや日常生活の動作の中でも痛みが生じるようになります。さらに 進行すると脛骨の疲労骨折に至る可能性もあります。

■どうして起こるのか

反復するランニングやジャンプを過度に 行った場合に発症します。脛骨の内側にはヒラメ筋・後脛骨筋・長母趾屈筋とよばれる地面を蹴る筋肉が付着しています。これらの筋肉が過剰な運動により柔軟 性が低下し、脛骨の表面を覆う骨膜と呼ばれる膜を引っ張り、微細損傷をきたし脛骨の内側に痛みを発生させると考えられています。また、ランニングやジャン プ動作でかかるストレスが骨へのたわみやゆがみを引き起こすことも原因の一つです。

シンスプリントの発生の基盤として…
・上記の筋肉の疲労による伸張性の低下
・過剰な運動量
・運動する場所の環境(固い地面や平坦ではない道路など。)
・靴(クッション性が足りない靴や靴底がすり減った靴など。)
・扁平足(「土踏まず」と呼ばれるアーチがつぶれた状態)や回内足(土踏まずのアーチが下がり足首が内側に向いた状態)
などがあげられます。

sinn1

■どうしたら治るのか

・運動後にはアイシングを行い炎症症状を抑える
・痛みが強いときは一時運動を中止する
・筋肉のストレッチや痛みが出ない範囲での筋力強化(ストレッチの前にお湯で温めるとより効果的)
・インソール(靴の中敷)を作成(土踏まずのアーチをサポートする)