足首の前方が痛む:フットボーラーズアンクル

よくある症状・疾患一覧へもどる >

フットボーラーズアンクル

■どのような障害か
フットボーラーズアンクル(衝突性外骨腫)とは、その名の通りサッカー選手に多く起こる怪我です。バスケット、ハンドボールなどのスポーツにもよく起こります。
ボールを蹴ることや、ジャンプの着地・踏み込む時等に、足首に痛みが出現します。

■どうして起こるのか

キックをするときに足首が伸ばされたり、踏み込んだときに足首が強制的に曲がることによって足首の関節を作る骨と骨がぶつかることが繰り返され、足首の骨にトゲのような物が出来ます。
また、過剰に足首が引き伸ばされて骨のトゲができることもあります。この骨のトゲが足首の中でぶつかることによって痛みがでます。
特に捻挫を繰り返し足首が緩くなっている方は不安定で、通常よりも動きが大きくでるために骨と骨がぶつかりやすいために、よく起こります。
foot

■どうしたら治るのか

痛みの強い急性期は、安静にしてアイシングを行い、炎症を軽減させます。
痛みに合わせて足首を安定させるための運動を行い、足首に負担をかけないような身体の使い方を習得します。
重度な場合、骨のトゲを取り除く手術を行うこともあります。