捻挫後、しばらく経った足首の痛み:足根洞症候群

よくある症状・疾患一覧へもどる >

足根洞症候群(そっこんどうしょうこうぐん)

■どのような障害か

足根洞とは、踵骨(かかとの骨)と距骨(足首の骨)の間の溝で、足根洞症候群とは、この部位に痛みや圧痛があり、足関節の不安感や崩れ感を伴うものをいいます。立っているときや平坦でない地面を歩くときに、痛みが激しくなる特徴があります。
sokkonndou

■なぜ起こるのか

原 因の約70%は足首の内反捻挫や外傷後に適切な治療をしないまま経過し、続発性に起こるといわれています。足根洞の近くには足関節の大切な靭帯が多数存在 し、足関節を激しく捻挫すると、足首の外側に存在する前距腓靱帯が断裂します。この前距腓靭帯が断裂することにより、同時に周囲のいろいろな靱帯が損傷を 受け、足根洞内に出血し、これが瘢痕組織や線維組織に変わり滑膜炎や浮腫を起こし、運動時の痛みの発生原因になります。

■どうしたら治るのか

痛みに対しステロイドと麻酔の混合注射を1週間おきに2~4回行うと、約2/3は治まるといわれています。また、足関節の不安定性に対しては、リハビリで足関節周囲の筋力強化やバランス訓練などを行い、足関節機能を向上させることが大切です。