走っていたら膝の内側が痛くなってきた:鵞足炎

よくある症状・疾患一覧へもどる >

鵞足炎(がそくえん)
gasoku

■どのような障害か

鵞足は、縫工筋(ほうこうきん)、薄筋(はくきん)、半腱様筋(はんけんようきん)が腱となり膝の内側で脛骨(けいこつ)の上部に付着している部分です。鵞鳥の足のような形をしているところから、こう呼ばれています。
鵞足炎は、この鵞足腱や鵞足包(鵞足と内側側副靱帯の間にある滑液包)が炎症を起こしている状態です。

■なぜ起こるのか

鵞足炎は、陸上競技やサッカーの選手に多く、ランニング動作で脚を後ろに蹴り出す時やサッカーのキックで蹴り出した脚を減速させる時などに、過度の負荷がかかったり、鵞足と内側側副靱帯とがこすれあったりして起こります。
ウォーミングアップ不足、柔軟性不足や太ももの筋力不足、急に長い距離を走ったり使いすぎたりということが原因としてあげられますが、X脚や回内足などの骨格異常や練習場所(アスファルト、坂など)にも起因します。

■どうしたら治るのか

・局所麻酔剤とステロイドの混合注射が有効(少し痛みがとれた時点で練習を再開しがちですが、すぐに再発するので十分に安静期間をおき、その間はランニング以外のトレーニングで補強する。)
・大腿部のストレッチを行う。
・痛みが発生した直後(運動直後)は冷やすが、慢性的な痛みには患部を温め(温熱療法)血液循環をよくする。
・インソール(靴のなかじき)の処方。