心療内科 Psychosomatic medical

心身医学の観点から疾患を
精神ー身体ー社会と総合的に加療し、
病気になりにくい心身の状態を形成します。

心療内科は、1996年に標榜科として認められました。
心療内科は、主に心身症を診る科ですが、心身症とは「身体症状ないし身体疾患のなかで、心理・社会的ストレスが経過や予後に大きな役割をはたす病態」と定義されています。この心身症という診断名は、国際的精神障がい分類としては呼称されてはいません。
そのため平たく云えば、「心療内科は、ストレス関連疾患を診る科である」とした方が理解されやすいと思います。
心療内科のベースには、心身医学があり、疾患を精神ー身体ー社会と総合的に診ていくことを心がけています。当該科は、守備範囲が比較的広く、神経症(不安症、強迫性障がい、など)からストレス関連疾患、適応障害、軽症うつ病まで診ています。
治療的には薬物療法(西洋学、漢方薬)、支持的精神療法、認知行動療法的治療、自律訓練法、東洋医学的治療(禅的精神療法、座禅、内観療法など)を病態に応じて折衷的な治療を行っています。
病気を治すことばかりではなく、病気になりにくい心身の状態を形成することも重要です。「健全な肉体に健全な精神が宿る」これは然り、「病は気から」これも然りです。
「心身一如」をもってこれを診立て加療しています。

精神・神経科で診る病気と
心療内科で診る病気

主に精神・神経科で診る病気

統合失調症(精神分裂病)、双極性障害(躁うつ病)、重症のうつ病、人格障害、アルコール依存症、てんかん

心療内科、精神科どちらでも診る病気

  • 軽症の気分障害(うつ病、うつ状態)
  • 神経症的障害(全般性不安障害、心気障害、強迫性障害、社会不安障害など)
  • パニック障害、適応障害
  • 摂食障害(拒食症、過食症)

主に心療内科で診る病気

  • 身体症状関連症(自立神経失調症、不定愁訴症候群など)
  • 心身症
  • 過敏性腸症候群、胃・十二指腸潰瘍、FD(機能性消化障害)、心因性嘔吐、呑気症、高血圧症、気管支喘息、糖尿病、甲状腺機能亢進症、更年期障害、月経前緊張症、痙性斜顎、書痙、眼瞼けいれん、チック、円形脱毛症、舌痛症、心因性失声症、緊張性頭痛など
  • 身体疾患に伴う不安、抑うつ状態
心療内科の診療時間(日・祝・第3金曜 休診/土曜は第4土曜のみ診療
診療時間
09:00~12:00 休診 休診 休診
~13:00
休診
14:30~18:00 休診 休診 休診 休診 休診

新…新規の患者様のみの診療 …再診の方のみの診療
…土曜日は13:00までの診療

提携施設 自由診療クリニック ゴールデンゲートクリニック