整形外科 Orthopedic surgery

ひざ痛、腰痛、肩痛などの症状改善、
スポーツ外傷の治療を通じて
健康的な生活をサポートいたします。

当院の整形外科は、腰痛、骨折、捻挫などの病気やケガを治療する「一般整形」と、スポーツによるケガに対し、競技特性やレベルに応じた治療を行う「スポーツ整形」の双方に対応し、患者様の状態に適切な診断と治療、リハビリテーションを提供しております。

整形外科用の問診票がダウンロードできます。
あらかじめご記入いただき、当院へお持ちいただくと受付がスムーズになります。

一般整形

腰が痛い、膝が痛いといった慢性・変性疾患から、骨折や捻挫などの外傷・急性疾患まで、運動器(骨・関節・靭帯・神経・筋肉)の病気やケガの治療に幅広く対応しています。また、足腰の痛みなどだけではなく、骨粗鬆症や生活習慣病の予防や治療もすすめています。スポーツによるけがや故障の診断・治療といったスポーツ整形外科を専門的に行うのが特徴ではありますが、スポーツをしていない中高年や高齢の患者様もたくさん通院されています。
リハビリテーションを主体とした治療をベースに、必要に応じて同一ビル内にある入院施設との連携により、スピーディーに最新かつ高度な手術や入院治療を行っています。

1) 正しい診断と治療方針

何よりも、正しい診断が大切です。経験豊富なドクターが診察をし、あなたに最適な治療をおすすめします。高精度のMRI, CT, 超音波エコー、骨密度測定装置など、最新の診断機器を揃えており、小さな病変も見逃しません。

正しい診断と治療方針

2) 最適なリハビリテーション

スポーツ医学で培った技術を応用して、あなたに最適な運動療法、物理療法を提案します。
充実したリハビリ環境とスピーディーな術後リハビリテーションにより早期回復、早期復帰を可能とします。

3) 確かな技術と豊かな経験に基づいた手術治療

変形性膝関節症の骨切り術を特徴とします。骨切り術を主体とした手術では腫れ、痛みの無い膝に回復させ将来、人工関節にしないための手術です。2室の最新手術室を完備し、最新安全な麻酔機器と経験豊富な麻酔科専門医が麻酔を担当致します。

確かな技術と豊かな経験に基づいた手術治療

4) 信頼の装具・サポーター

当院で処方した治療用装具は(有)野坂義肢製作所に製作を依頼しております。技術と経験のある義肢装具士・ 製作スタッフが、1人ひとりに合わせた義肢、装具をオーダーメイドで製作します。型取り、採寸、および受け取り、装着は当院内にある専用ブースにて行います。また、市販サポーターに関するアドバイスも行なっています。

信頼の装具・サポーター

5) 最先端医療にも対応

再生医療やエコーガイド下筋膜リリース・ハイドロリリースなど、最先端のスポーツ医療を積極的に取り入れています。

最先端医療にも対応

スポーツ整形

スポーツ整形

ケガを克服する

スポーツによるケガ(障害・外傷)全般の診療をしています。スポーツ愛好家からトップアスリートまで、競技特性や競技レベルに応じて、最適な治療を提供いたします。

1) 正しい診断と治療方針

経験豊富なドクターが診察をし、あなたに最適な治療をおすすめします。高精度のMRI, CT, 超音波エコーなど、最新の診断機器を揃えており、小さな病変も見逃しません。痛めているところだけではなく、全身のチェックをしながら、治療をすすめていきます。

正しい診断と治療方針

2) 最適なリハビリテーション

「鍛える」そして「整える」
スポーツトレーナーとしても活躍している理学療法士と医師とが連携しながら、あなたの回復をサポートします。FMS(ファンクショナルムーブメントスクリーン)やSFMA(セレクティブファンクショナルムーブメントアセスメント)を取り入れたアスレティックリハビリテーションにより、改善点・痛みの原因などを追究し、パフォーマンスUPにつなげます。

3) 確かな技術と豊かな経験に基づいた手術治療

関節鏡手術のエキスパートが最小侵襲での手術を行っています。膝関節鏡手術(前十字靱帯再建術や半月板手術)では、トップクラスの手術件数があり、高いスポーツ復帰率を実現しています。

確かな技術と豊かな経験に基づいた手術治療

スポーツ障害頻度が最も高い膝関節の治療を中心とし、特に膝前十字靱帯損傷に対する靱帯再建術、半月損傷に対する鏡視下修復術、反復性膝蓋骨脱臼の関節形成術等は道内で有数の治療実績を誇っています。アキレス腱断裂の手術とリハビリテーションにも積極的に取り組んでいます。

4) 最先端医療にも対応

再生医療やエコーガイド下筋膜リリース・ハイドロリリースなど、最先端のスポーツ医療を積極的に取り入れています。

最先端医療にも対応

5) 予防医学

チーム単位でのメディカルチェックを行い、ケガの早期発見だけではなく、ケガをしない身体作りのため提案を行っています。アスリートフードマイスターや管理栄養士によるアスリートのための栄養指導を行っています。またアスリートにおすすめのメニューやレシピの紹介もしています。

6) FMS/SFMAを導入

FMS(ファンクショナルムーブメントスクリーン)とSFMA(セレクティブファンクショナルムーブメントアセスメント)と言います。FMSは、人間が持っている、基礎的動作パターンを7種類の動作で、評価・採点するシステムです。可動性、安定性、筋力低下、非対称性などを見つけることで改善点、痛みの原因などを追究し、パフォーマンスUPにつなげます。

整形外科の診療時間(日・祝 休診)
診療時間
09:00~12:00
~13:00
休診
14:30~19:00 休診 休診

…土曜日は13:00までの診療

提携施設 自由診療クリニック ゴールデンゲートクリニック