膝を地面にぶつけた&膝を捻った:後十字靭帯損傷

よくある症状・疾患一覧へもどる >

後十字靭帯損傷(こうじゅうじじんたいそんしょう)

■どのような障害か
PCL
後十字靱帯とは、膝の関節内にある、大腿骨と脛骨(すねの骨)をつなぐ靱帯です。
この靱帯は、膝の前後の安定性をつかさどる大変重要な靱帯です。なんらかの力が加わり、この靱帯が断裂・損傷したものを後十字靭帯損傷といいます。 症状とし ては、脛骨が後方に落ち込んだり、膝の裏に皮下出血がみられることや圧迫による痛みを感じることがあります。また、スポーツ活動や階段昇降などで膝が不安 定に感じたり、痛みを感じたりします。

■どうして起こるのか

バイク事故やスポーツ中に膝から転倒し、脛骨が後ろに押し出される力が靱帯の制動力を超えることで発生します。アイスホッケーやフィギュアスケートでの氷上への転落が代表的な例です。
また、乗用車の追突事故などで、膝前下方をダッシュボードなどに打撲して受傷することもあります。

■どうしたら治るのか

後十字靭帯の単独損傷後のスポーツ復帰の予後は良好です。そのため、リハビリによって脛骨が後方に滑ることを防ぐ機能を持つ筋肉を鍛えるなどの訓練を中心とした保存療法が選択されます。
しかし、脛骨の後方への落ち込みが著しい場合や日常動作に支障をきたすケースに対しては靱帯再建手術を行うことがあります。