ハイドロリリース注射

< 記事一覧へ戻る

◎ハイドロリリース注射について

ハイドロリリースとは、超音波装置(エコー)を用いて、動きの悪くなっている線維性結合組織(ファシア:fasia)や神経周囲に生理食塩水、低濃度の麻酔剤、ヒアルロン酸などの液体を注入して周囲との癒着をはがす事で痛みを軽減する事出来る、最近注目され始めた新しい治療方法です。

筋膜リリース注射のターゲットが筋膜だけなのに対して、ハイドロリリース では筋膜だけでなく、靱帯、腱膜、支帯、腱膜、関節包などすべての結合組織(ファシア)に加えて、末梢神経も治療の対象に含むことが特徴です

 

筋膜リリース注射・ファシアリリース注射についてこちら

◎ファシアとは

私たちの体の臓器や骨、血管、そして筋肉などをくまなく覆う「ゆるゆるな組織」のことをファシア(fasia)と呼びます。主に「筋肉を包む膜」という意味合いで使われることが多い言葉なので、「ファシア=筋膜」と思われがちですが、筋肉以外の部位にも無数に存在するとされます。心臓を包んでいる膜、意を包んでいる膜など色々な膜、すなわち、ファシアが存在しており、体のあらゆるものを包む膜の総称がファシアなのです。

実は近年の研究で、このファシアこそが体を滑らかに動かすうえで重要な役割を果たしていることがわかってきました。

◎「ファシアの動き」が悪くなると痛みが出る

痛みの原因には、関節に由来する場合や、神経に由来する場合など、様々な原因が存在しています。

近年、痛みの中には、本来動くべきファシアの動きが悪くなることによって起きるものがあることがわかってきています。そのような痛みの場合、レントゲンやMRIなどの検査では異常が認められないことが多いので、病院に行っても原因がわからないことも多くありました。

 

 

 

ハイドロリリース注射は、超音波装置(エコー)を用いて動きの悪くなっているファシアを的確に見つけ、癒着を剥がすことによって本来の動きを取り戻す治療になります。一時的な痛み止めの注射とは、根本的な考え方が異なります。

注射する薬剤は、人間の体に近い塩分濃度の『生理食塩水』を使用するため、アレルギーなどの問題もありません。浸透圧も高く、痛みや合併症・副作用のリスクもないため、安全に治療が受けられます(少量の局所麻酔剤やヒアルロン酸を使用することもあります)。合併症・副作用のリスクがないため、妊婦の方や、ドーピング問題が関わるスポーツ選手の方も、安全に治療が受けられます。この治療法は、安全で 効果的であり、かつ即効性がある 整形外科治療の中で革命的な新しい治療です。

 

◎大切なのは、「正しい診断、正確な技術、リハビリテーション」

ハイドロリリース 注射は、超音波装置(エコー)を用いて動きの悪くなっている組織(ファシア)を的確に見つけ、癒着を剥がすことによって本来の動きを取り戻す治療です。そのため、治療をする時には、痛みの原因が何なのか、正しく診断することが大切になります。

また、ピンポイントの注射をする治療になるため、正確性が求められます。当院では最新かつ高性能な超音波エコー診断装置を導入しているため、よりクリアな画像での操作が可能です。

ハイドロリリース 注射は本来の生理的な動きを取り戻すための治療です。せっかく注射で癒着が剥がれて、一時的に痛みが消失しても、生活習慣や身体の使い方が変わらなければ症状を繰り返すこともあります。そのため、注射に併せて、リハビリテーションを受けていただくことが大切になります。リハビリをすることによって注射の効果が高まるだけでなく、作用も持続します。私たちは、主にスポーツ選手に対して筋肉を動かすリハビリを積極的に行なっているので、そのノウハウを活かすことによって、より高い効果を得ることができます。

 

※ハイドロリリース注射は大坪医師の担当となります。担当医師のスケジュールをご確認ください。

※担当医師スケジュールはこちらから

提携施設 自由診療クリニック ゴールデンゲートクリニック